鉄道歴史地図は、鉄道の開業年、設置・廃止時期、廃線の路線図、時代による変遷が地図で一覧できるサイトです

別海村営軌道

別海村営軌道の路線図です。
初期状態ではすべての時点での路線・駅が表示されています(廃線部分を含む)。
特定時点での路線・駅を表示するには、「時期指定する」をクリックして下さい。
「元の路線を表示」で最初の状態に戻ります。

別海村営軌道(べっかいそんえいきどう)は、かつて北海道別海町(当時は別海村)にあった簡易軌道
もともとは厚床駅から中標津に至る馬の牽引(馬力)による殖民軌道の路線で、1933年に標津線開業で廃止となった際、支線として残存したのがこの路線である。
戦後も長らく馬力に頼っていたが、1960年から北海道開発局により、機関車および自走客車を導入するための軌道強化を行い、1963年に完成した(この時導入された自走客車は液体式変速機と温風暖房を備えたボギー式の優秀車であった)。その際、接続地点を厚床駅から標津線奥行臼駅に変更、奥行臼 - 上風蓮を開業している。戦後、新たに線路を敷設した数少ない殖民軌道であった。
末期には他の簡易軌道と同様に牛乳輸送も行われていたが、急速な道路整備に伴い、別海で町制がしかれる前年の1971年に廃線となった。

別海村営軌道 路線

詳細
風蓮線地図
運営会社簡易軌道
事業者種別公営鉄道
供用開始1936年
設置終了1962年

別海村営軌道 駅

詳細
厚床地図GoogleMaps
路線名風蓮線
運営会社簡易軌道
供用開始1936年
設置終了1962年
上風蓮地図GoogleMaps
路線名風蓮線
運営会社簡易軌道
供用開始1936年
設置終了1962年
備考駅位置推定
風蓮地図GoogleMaps
路線名風蓮線
運営会社簡易軌道
供用開始1936年
設置終了1962年
備考駅位置推定
平野地図GoogleMaps
路線名風蓮線
運営会社簡易軌道
供用開始1936年
設置終了1962年
備考駅位置推定
倉前地図GoogleMaps
路線名風蓮線
運営会社簡易軌道
供用開始1936年
設置終了1962年
備考駅位置推定
当サイトは掲載情報の正確性を保証するものではありません。画像・動画はAPIで自動取得している為、不正確な場合があります。ご利用により生じたいかなる損害に対しても一切責任を負いません。 Copyright © 2013-2019 鉄道歴史地図 All Rights Reserved.